ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

.天然&養殖トラフク『利き河豚味比べ』朝日新聞、山口新聞記事

2016年09月12日 (月) 15:59
恒例・『第7回 利き河豚・味比べ』盛況に終了‼
あんない














 

朝日新聞、毎日新聞、山口新聞様が取材・・毎日さんは
13日(火曜)に掲載か?
あさひ












山口
















下関商工会議所専務理事.国重敦生様/乾杯のご発声
くに















天然&養殖トラフクお1人様各1皿、同時食べ比べ‼

ゴルフ/プシュ会メンバー4人様、左手前 三浦さん(平和鉄
工所(株)社長)左奥 代山さん(代山魚網(株)社長)右手前
小澤さん((株)オズ会長)右奥 斉藤さん((株)セービング会長)
ステージ上はスピーチをされる下関大丸社長西尾聡様
ぷっしゆ












ちり鍋は、天然&養殖の骨ナシしゃぶしゃぶ、超贅沢鍋‼
他、特別サービス・とらふく白子酒をご提供‼



 毎日新聞様の記事
毎日












皆々様ありがとうございました。






















 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0