ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

下関花見のメッカ⇒忠霊塔/戦場ヶ原公園へ

2017年04月02日 (日) 17:45
昨日、土曜日午後3時~某水産加工食品メーカーのお花見会へ

山賀花見
















二分先






















ベトナムの研修生?数人も参加⇒アオザイ姿の美人
あおさい




















本日の花見会は(株)山賀の従業員さん他、山賀さんの取引先数人
が参加。
 
左から二人目/(株)山賀・山賀社長さん
山賀
















べ級





















桜の花の咲き具合/公園内で一番咲いていると思われる枝を撮影
二分先⓵





















​外国人さんのパーティーも!
外人
















 
  戦場ヶ原公園
戦場ヶ原公園は、JR幡生駅と後田バス停の中間の小高い丘に位置する。
 戦前に、ドイツ人メッケルが設計した市内で最も大きい規模の要塞
 明治24年完成 :工事期間(1200人があたり2年間)
 壕、地下道、地下室(800人収容可)、飲料水の貯水所等が数ヶ所あり、
​ 我が国の要塞のモデルとして陸軍大学の学生が見学にきていたという。
 昭和40年から山口県下関土木事務所によって公園化がすすめられた。

 敷地内に「忠霊の塔」、「戦傷の碑」「戦災殉難者の碑」等があり、
 毎年戦没者の慰霊祭が行われている
尚、隣接地に我が母校の下関市立下関商業高校と山口県立下関
​  西高校があります。
​昭和29年下商入学の「ふく爺」は、当時の草ボウボウ原野状態
​だった頃を思い出す。

















 

Blog Category

ふく水槽

最大8­,0­0­0­匹のふくがダイナミックにお出迎え。縦3­.­0­m­、横1­.­5­m­、深さ1­.­0­mの水槽を3­4­基連ねた、日本最大級のふく水槽です。下関では昔から、福に通じるとして、ふぐを「ふく」と呼びますが、水槽には、そのふくのなかでも最高峰といわれる「とらふく」最大8­,0­0­0­匹が悠々と泳ぎ回り、みなさまをお迎えします。下関ふくの原点ともいえる「とらふく」。愛敬たっぷりのその姿を、ゆっくりご覧ください。

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0