ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

KIMIYOさんの新曲を聞きました

2008年08月26日 (火) 14:26
23日に記した彼女が昨夜、例会、「関旅会」で新曲を披露。
「関旅会」…下関へ一人でも多くの宿泊客増を目的とする異業種交流会

護國寺住職西嶋好文上人を会長として、ふく処.喜多川で毎月40~70名
位の人数が集まります。
喜多川社長さんの熱心な肝いりで関旅会は益々進化、目的が実現されつつある
と感じてるこの頃です。
昨日はJR西日本地域鉄道部長、下関駅駅長、JR営業担当数名、近畿ツ-リスト
下関社長、日本旅行下関支店長、トップツア-下関支店長、東京第一ホテル下関
社長、下関グランドホテル、下関マリンホテル、サンデンタクシ-社長、他直接の
旅行関係者。
又、下関に人が集まれば何らかのかたちで恩恵を受ける、下関名物ふく、うに、
海産物、等の飲食販売業者、造り酒屋、酒類販売業者、豆腐屋、写真店、ボランテ
ィア下関案内人(観光客に紙芝居を上演)他にもいろいろ下関を活性化したいと願う
人々が参加していました。
JR関係者とKIMIYOさんの音頭で、下関駅を詠ったKIMIYOさんの歌『想い出の
~ステ-ション~下関駅』を参加者全員で合唱、大変な盛り上がりの一夜でした。

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0