ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

「サウナ」党の話:その2

2008年10月31日 (金) 17:18

東京出張時は2泊の行程が多く宿泊するホテルの近辺のサウナを利用していました。
有楽町マリオンの前、新橋側にある「有楽町サウナ」では、古い話しになりますがテレビ
で映画解説「サヨナラ、サヨナラ」の淀川長治さんが夜の7時頃何回かサウナ室で対面し
ました。
淀川さんはサウナ室内で「お若いですね」等と話しかけてきていました。
時節は弱冠あとにずれますが、「おすぎ、ピ-コさん」のどちらかに?(判断がつかな
かった)何回も会いました。会話ナシでした。
夕方6時から7時前後まで利用、その後に仕事に向かう感じでした。

大阪では、新阪急ホテルのサウナで若き落語家だった頃の「鶴瓶」師匠がお仲間と
ご一緒の場にもめぐりあいました。

下関ステ-ションホテル「サウナ」は35年弱の歴史だと思いますが利用は時々だった。
7年前から、出勤前午前6時入場、1時間後の7時には出場、そのあとは一膳めし屋か、
ファミレス・ジョイフルで朝食を取ると言うライフスタイルの一翼をになってもらいました。
朝6時から7時の間の常連客はウイ-クディに於いては「ふく爺」一人だった。
7年間自分に投資しました! 終わり




Blog Category

活きとらふく料理 フルコース

お1­人様7­,1­3­0­円(税込)◆さしみ◆下関伝統の二日間〆め◆ちり◆お食事当日の朝、水槽で泳いでいるトラフグの切り身付(普通はアラのみ使うお店が多い)◆唐揚げ◆大型サイズのトラフグですから、カマが太くて旨味があります・前菜(ふく皮の煮こごり、ふく皮と小ねぎのかまぼこ)・ふくさしみ(楽舎盛り)・とらふく唐揚げ・ふくちり鍋・ふくぞうすい・香の物お問合せ・ご予約はこちらから

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0