ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

今年始めての下関でうなぎ食in阿弥陀寺『お富』

2009年07月03日 (金) 17:58
かって下関が繁栄した時代に高級料亭が立ち並んでいた、赤間神宮前
の関門海峡沿いで(阿弥陀寺町)ただ一軒残っている割烹料亭『お富』。
冬は「天然とらふく料理」で名高いお店ですが、
夏、6月から8月末までのお昼のみ、
うなぎ料理特別サ-ビスを4年前からされています。

毎年何回か伺い、特製うな丼を食べるのが定番です

おとみ
















『お富』の二階客席 : 窓の下から関門海峡・・対岸は門司、
撮影技術悪し(曇り空)

お連れした方は、「この景色に感動した、下関は素晴らしい」の連発でした。
うなぎの味にも満足されたようでした。

Blog Category

活きとらふく料理 フルコース

お1­人様7­,1­3­0­円(税込)◆さしみ◆下関伝統の二日間〆め◆ちり◆お食事当日の朝、水槽で泳いでいるトラフグの切り身付(普通はアラのみ使うお店が多い)◆唐揚げ◆大型サイズのトラフグですから、カマが太くて旨味があります・前菜(ふく皮の煮こごり、ふく皮と小ねぎのかまぼこ)・ふくさしみ(楽舎盛り)・とらふく唐揚げ・ふくちり鍋・ふくぞうすい・香の物お問合せ・ご予約はこちらから

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0