ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

関門関旅会in《ふく処・喜多川》下関・幕末維新村構想

2009年08月29日 (土) 15:43

        《下関に『幕末維新村を』構想》
山口新聞8月29日付け紙= 関門関旅会、情報交換場面
幕末維新村2
※撮影、画像縮小等スキル不足‥鮮明でなくハズカシイ!

昨日、記しましたように唐戸市場一人勝ち状態を、下関に折角来られたお客様を
もっと市内に滞留して頂き、本当の下関活性化を実現するために。

◎ウォ-タ-フロントの賑わい…唐戸市場/海響館/ボ-ドウォ-ク周辺
                   ↓
   課題 1.滞留時間が短く波及効果が限定されている。
       2.国道を隔てた唐戸地区への流れが確立されていない。
                   ↓
   <旧英国領事館・秋田商会・南部町郵便局・などレトロ建造物>
   <田中絹代記念館・金子みすゞ顕彰碑・林芙美子顕彰碑等の文化遺産>
                   ↑
これら現行の観光素材に、来年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」で再度ブ-ムに
なるであろう「幕末維新」の観光素材を加え、
実際に坂本龍馬も高杉晋作も西郷隆盛も闊歩した唐戸(赤間・稲荷町:当時の
西日本最大の花柳街)をクロ-ズアップさせることにより、新たな観光客の創造
と観光客の滞留時間の長期化を目指す!!
                   ↓↓
        ♂♂ 唐戸商店街を『幕末維新村』に ♂♂

            具体的展開をお楽しみに
次回は
龍馬と下関の深い関係を⇒
※先日26日 18:30からの『龍馬の夢を下関市民と語る集い』に出席。
  新知識を学びました。

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0