ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

又、日経1ペ-ジ全面広告の話。尾道ラ-メン/阿藻珍味

2009年11月22日 (日) 19:13
日本経済新聞に1ペ-ジ広告を出稿する、小企業?にビックリ!驚く「ふく爺」デス

日経広告

尾道ラ-メンの製造元(株)阿藻珍味さん40数年前に2度訪問しています。

瀬戸内の魚介類をそれまでの「塩乾魚…大量に漁獲されて生鮮販売不可
の品落ちとしての加工」ではなく「珍味…付加価値付け」加工と言う分野の
パイオニア企業だったのではないか?

大都会の夜の店、バア-やスナックのおつまみからスタ-ト、その後は昭和
30年代前半には戦後経済からやや脱却、経済の発展と共に人の移動が
頻繁となり、「瀬戸内名産小魚珍味おみやげ」として生産を拡大。

瀬戸内の小魚をメインの郷土料理店の展開、瀬戸内魚使用の練り製品製造
参入等進化しながら今日に至っている。
…☆ラ-メンのヒットは驚きの番外編??☆
   日経全面広告の力量**凄い!!

さて
「ふく爺」の訪問目的は仕入れでした。
1度目は「海老鉄板焼き」
その2年後に「さより開き味醂干し」

この後、次回に

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0