ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

韓国釜山「南海大学調理学科」様、ふく料理体験.天白コ-スを!

2010年02月16日 (火) 14:30
韓国「南海大学 調理学科」御一行20名様が日本研修4日間の半日を
「ふく楽舎」ふくふくゼミナ-ル体験天白コ-スに挑戦されました。
      <お帰りがけに全員で記念撮影>
館外

 <工場でミガキ作業の実演‥午前10時の来舎の為工場の作業は
   午前2時始業→午前9時に終了していた>
工場1

<ミガキ作業実演-2‥通常はこの工程の見学はしません。
 国際交流の一環としての番外編です>
工場2

  <天白コ-スの教材、とらふくミガキ~お一人1尾支給>
ミガキ

 <体験実習中‥料理のプロを目指すだけあって包丁捌きは抜群!>
体験1


<体験実習中‥刺身(タタキ刺し)の出来映えは驚きの巧さ、初めてとは
  思えない素晴らしさの学生さんが大半を占めていた>
体験2

<体験料理が終りお食事タイム。韓国の人には「トラフクちり鍋」(水炊き鍋)
のポン酢で食べるのはやや不満の様子。鍋に醤油、又食塩を入れて濃味で
食すグル-プ、キムチをオ-ダ-する人もあり。
日本のふく料理屋にキムチを置いている店はありえないのですが、国が違え
ば食文化が変わることは当たり前のこと、以前に来られた韓国の方はキムチ
他、韓国の調味料を持ち込みされた団体様もある程です。>
食事


明日も韓国から3名様体験天白コ-ス(午前11時開始)の予約があります。
はるばる外国からご苦労様です。

マル秘‥内緒の話
中尾下関市長さんに『ふくと決闘!体験義経コ-ス』の講師をお願い
しております。
仮題=「中尾下関市長が料理指南役の市民交歓講座」
ご期待ください

Blog Category

小学生もチャレンジ

高校生や大学生など、体験学習を受ける生徒はいますが、たまには、こんな可愛いチャレンジャーも先生から調理を教わる手前はチャレンジする教材さすがに覚えるのは早い大人顔負けの腕前美味しいフグにご満悦

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0