ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

関門関旅会・カレ-の会・幕末維新村推進委員会、合同忘年会

2010年12月16日 (木) 13:16
ふく処『喜多川』さんに於いて12/14日約60名参加。
忘年会は恒例の「ふく料理」/会費.7000円~飲み物込み
太っ腹の北川社長さんが大サ-ビス料金‼

関旅会1



















 下関独特 古風「料亭方式」のふくちり鍋・・・60名弱のふくちりを
 仲居さんが造ります
 ※明治時代中期「ふく料理食」解禁以降東京に於いて長州出身の
  政、官、財の偉い方々がふく料理で接待から編み出された方式
  と思われる。したがって東京の一流料亭もこの食べ方です。

ちり製造2



















  とらふくアラ身を一鉢、  鍋野采、豆腐、えのき茸、餅等一鉢、
  2鉢に盛りつけてお客に‼

ちり製造



















      仲居さんお二人が料理係り

ちり製造3


















   
   ふくぞうすいも同じく、仲居さんがお一人づつに配膳

ぞうすい


















現代では、3~5人単位でひとつの鍋を囲み、熱々のフク、豆腐、野采、
等々を和気あいあいと各自の箸で取り食べ、最後の締めふくぞうすいも
当然ながら鍋の残り出汁で作り熱々を食べることが一般的です。




Blog Category

活きとらふく料理 さしみ・ち...

お1­人様5­,5­0­0­円(税込)※写真は2­人前です◆さしみ◆下関伝統の二日間〆め◆ちり◆お食事当日の朝、水槽で泳いでいるトラフグの切り身付(普通はアラのみ使うお店が多い)・前菜(ふく皮の煮こごり、ふく皮と小ねぎのかまぼこ)・ふくさしみ(楽舎盛り)・ふくちり鍋・ふくぞうすい・香の物お問合せ・ご予約はこちらから

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0