ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

下関/新特産品か?不思議、ピラミッド状結晶塩‼

2011年01月14日 (金) 16:33
下関市の製塩業 則常智志さんの製塩所でこの程、
ビラミッド状の塩の結晶ができあがった。
海水を釜で煮る製塩方法で、ピラミッド状の塩の結晶
は縦横1~1.5cm、高さ0.5cm程度。

  ≪平成23年1月13日 朝日新聞 ※則常さんは、異業種交流の会
    『関門関旅会』のメンバ-です≫
ピラミッド塩
















下関市の西海岸日本海側、永田郷に釜を設け、海水は角島で汲み
上げワゴン車で運んで二つの釜を使い、1カ月で自然塩120kg前後を
生産。

則常さんは、「製法をきちんと確立して『ピラミット塩』を商品化、自然
の恵みを多くの人に売り込みたい」と話しておられます。

「ふく爺」は、則常さんと15年来のお付き合いがあり、大いに応援したい
気持ちでいっぱいです。

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0