ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

高島北海展/下関市立美術館へ

2011年02月18日 (金) 12:47
狩野芳崖の展覧会以来の市立美術館です。
「ふく爺」70歳以上につき観覧料無料。教養を高める術を享受すべく
利用回数を増さねば‼
    
     ≪高島北海展の概要は2月4日ブログ参照≫
美術館2

















 ≪下関市立美術館/正面・・下関市長府黒門東町1-1≫
美術館1

















  ≪長門峡・真景図、長門峡金郷渓口望籠峰≫
山口県の名勝開発・・郷里萩を流れる阿武川上流の渓谷を探勝。
地質学的にも貴重な景観に動かされ開発に乗り出す。
北海が命名、名称「ちょうもんきょう・長門峡」とした。

開発資金捻出のため、北海は一幅百円の百画会を企画。
この画会は当初の計画をこえて百六十幅を数え、得た資金を長門峡に
通じる探勝道路建設に寄贈する。
又、桜樹1000本寄贈も。
長門峡

















    ≪石柱渓閑山漠側面他・青海島島見門図≫
石柱渓、青海島(おおみしま・・長門市)ともに、北海が見出した景勝地です
石柱渓

















☆余談・・お金にまつわる年譜
元治2年/1865年  16歳 萩明倫館に入学、この年から3年間乃木希助と
             同窓
明治5年/1872年  23歳 工部省鉱山寮十四等出仕技術心得・三年間
              生野銀山で技師長フランス人コワニエに地質学を学ぶ。

明治11年       29歳 「山口県地質分布図」「山口県地質図説」地理局
              雇となり、月給一〇円測量課に配属。

明治14年       32歳 農商務傭から御用掛となる月俸二五円。官有林
              調査の為長崎、福岡、大分、熊本、鹿児島巡回

明治18年       36歳 フランス.ナンシ-森林高等学校へ満3年間留学
              を命じられる。手当として1年につき銀貨一千円支給。

明治21年       39歳 ナンシ-森林高等学校卒業。林学士の免状を受ける
              帰国後、農商務技師試補に、年俸九〇〇円 山林局勤務 

明治22年       40歳 欧州派遣手当月八〇円、パリ万博視察

明治25年       43歳 正七位に叙される。特別の勤労につき四〇円下賜
                 多年の植物帯調査励精につき金一〇〇円賞与される

明治30年       48歳 長府に隠棲する
明治32年       51歳 山口県豊浦中学校(現豊浦高等学校)図画科教授を
                  嘱託される手当年三〇〇円 翌年辞職

明治35年       53歳 上京、本格的に画業に。
明治41年~大正6年〓文部省美術審査委員会委員就任
 以下略

当時との貨幣価値が解らないが、俸給から推測しても大人物、偉大な人であった
と驚きです。
  



Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0