ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

夏ふく《天然真ふく》を食べよう会/サプライズ⇒博多から夏ふく

2011年05月22日 (日) 10:57
   今、「ふく」に集うこと
       「絆を大切さ」を思うこと
下関に生きる私たち、絆の大切さを胸に今こそ。…をキャッチフレ-ズに

   第二回 『夏ふく《天然真ふく》を食べよう会』/を開催
  
   ≪参加定員72名に対し73名様のご参加を頂きました≫
夏ふく会場
















 ≪下関ふく連盟会長 松村 久様のご挨拶≫
夏ふく松村
















サプライズ‼ 『博多い津み』3代目 宮武尚弘総料理長が、会の趣旨に
賛同して頂き、今回の「夏ふくメニュ-」にプラス「夏ふくと夏野菜のカク
テル」などユニ-クなメニュ-3品をご自身が料理。参加の皆様は会費は
変わらずにサプライズ料理をお召し上がり頂く。
≪「夏ふく」について熱く語られる宮武尚弘氏…福岡夏ふくブランド推進
  協議会の会長も務められておられます≫ ホ-ムペ-ジ:博多い津み
夏ふく宮武
















≪吉川下関市副市長さん/大変美味しかった等今後の「夏ふく」をアピ-ル
  するお言葉を含め、ありがたいメッセ-ジをいただきました。≫
吉川副市長














Blog Category

自宅で本場のふく料理を!活き...

ふくの水揚げ量日本一を誇る下関南風泊。その南風泊市場開設以前、昭和十年よりの永い歴史を育んできた「フグ仲卸平越」は、市場のフグ一尾、一尾厳選し全国の高級料亭やふくの専門店へ提供してきました。特に東京築地卸売市場では、天然トラフグ、また上質の養殖トラフグの磨き(除毒処理後の業界用語)でトップブランドの名門と評価されております。「ふく料理は、材料の善し悪しが勝負。最高の材料を最高の技で料理して、はじめてお客様に満足していただける」ごく当たり前のこと。ごく普通のことを守り通してきた「平越」ふく楽舎.­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0