ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

関門海峡花火大会⇔復興祈願花火「フェニックス」

2011年08月08日 (月) 16:22
8月13日午後8時~9時 当日の観客120万人を想定
下関、北九州の両市から一万三千発が打ち上げられる。

今年は東日本大震災からの復興を願う特別な大会。
下関側は「火の鳥・復活の空へ飛べ」がテ-マ。
花火「フェニックス」〓新潟県長岡で作られた花火で、不死鳥が翼を
広げた姿が夜空に描かれる。
今回は金色の不死鳥20発が打ち上げられ「日本復活の象徴となればの
想いと、今年の花火大会は、日本の元気を関門海峡から発信し、東日本
大震災で亡くなった人を慰霊。復興に向けて頑張る東北の人達へのエ-ル
を送ると言う思いを込めている」と大会会長の平野貴昭(下関21世紀協会
理事長)さんが語る

≪開催には数千万円の費用の調達が大変‼ 一般市民の協力も♂≫
 …下関シ-モ-ルショッピンクセンタ-にて 「ふく爺」1千円也募金
海峡花火大会















Blog Category

ふくギャラリー

ふくをテーマにした多彩なコレクション。ふくと海をテーマに、折にふれて収集してきた絵画などの美術コレクションを展示しています。また、珍しい種類のふくや貴重なふく料理の写真なども館内各所に展示しています。「ふく食文化」は下関の財産ともいえるもの。プロの技が冴える華麗な創作料理の姿を通して、その一端に触れていただければ幸いです。「ふく楽者」館内展示絵画『ふく群図』三輪亨良描下関市彦島在住:升本猛作:「メルヘンの詩」シリ-ズ日本画:小野具定描

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0