ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

詩のボクシング全国大会第1位受賞者♂下関出身さのまきこさん

2011年08月31日 (水) 11:32
 ---街角文化サロン・おもしろ文化塾 ---8月27日
《詩のボクシング全国大会(09年度)第1位受賞者の里帰りサプライズ》

ゲスト さのまきこ さん (舞踏家&シンガ-ソングライタ-)

作家、ねじめ正一、高橋源一郎氏など企画参加、NHKノバックアップ中
継などで話題を呼ぶ「詩のボクシング」は、無名詩人達のもうひとつの甲
子園。全国各地域で予選会が行われ、全国決勝大会は東京で開催。
 
下関出身で「詩のボクシング大会」では下関の予選を経て山口県代表
として全国大会にチャレンジ、全国トップのグランプリ受賞
   
  全国大会予選一回目の詩を朗読される さの まきこ さん
 ≪まさか優勝‼ の意識がないのでご自分の一番好きな詩を初回に‼≫
さのまきこ















詩の内容…【無題】 父親のテレビチャンネル選びから始まる
最愛の父親の晩年(80数歳)を詩に‼ テレビコマ-シャルの広告コピ-
音声20社?位を4秒から5秒連続して広告文そのままを詩として取り込ん
だ処から始まる。〈多少ボケが入った?晩年の父が、テレビのチャンネルを
目的もなく「カチヤ、カチヤ」替えている状況が目に浮かぶ〉

さの まきこ さんは最愛の父に対して「父の供養の詩」と申されていました。

この詩を聞き「詩」に対するイメ-ジが変わる 凄い‼

    シンガ-ソングライタ- さの まきこ さん
          『百人目の愛』を披露
さのまきこ(1)


















    まきこさん の 自主制作CD2枚購入   2500円也
まきこCD

















手書きの歌詞
まきこ歌詞
















  さの まきこ profile

1956年  山口県下関市で生まれる
1983年  上京・劇団「L ・ キャンズ」研究生として渋谷ジャンジャン
        街・新宿シアタ-TOPS等で英・ストレ-トプレイの舞台に
~85年   立つ。また街頭や美術館等で即興舞踏に取り組む
1986年  舞踏家 古川杏に師事・イタリア公演等に参加
1988年  ダンスカンパニ-「ダンス・バタ-・TOKIO」メンバ-として
        国際プロジェクトでノルウェ-フィンランド・ガ-ナ-・ドイツ等の
        ダンサ-と共に国内外で舞台を重ねる
1990年  ソロダンサ-として独立
1992年  下関に帰郷。下関を拠点に即興演奏家と大阪、名古屋、韓国
        等で即興舞踊の舞台を重ねる。
 ~98年  「詩」が次々と生まれシンガ-ソングライタ-としての活動開始
2000年  山口「きらら博」にて、舞踊劇「龍王伝説」で主演。 演出、振付
        主題歌も担当。
2009年  「詩のボクシング…山口大会」で優勝、同年開催の全国大会で
        優勝する。これを機会に詩の朗読活動も始める。
2010年  多くのア-ティストや都会からの移住者が多い《宮崎県串間市
        大字市木区》に移住。
        美しい日南海岸にある離島で日本猿だけが住むという「幸島」
        をテ-マにした自主制作CD「百人目の愛」をリリ-ス。        
 





Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0