ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

くじら料理専門店『くじら館』下関豊前田町…20年ぶりに‼

2012年02月19日 (日) 15:49
夜の一杯は、豊前田町要通(かなめ)りが定番であり『くじら館』の前を
何時も行き来すのであるが何故か20年位お店に立ち寄っていなかった。
                                              
この度
 下関市発行の市報新年号特集・中尾下関市長を交えた「新春座談
 会・下関のとびきりの味」にくじら館おかみの娘(小島淳子店長)さんが、
 弊社社長.平尾泰範他4名様と共に出席されていた記事を読み懐か
 しさが…。飲み会の二次会後に思い出し立ち寄る。                                               
鯨館


















 南氷洋捕鯨船発祥の地「下関」…幻の鯨・白ながす鯨に郷愁を感じる。
鯨館
















戦後、大洋漁業の南氷洋捕鯨と以西底引き漁業で栄えた下関。
鯨は国際的にいろいろ問題を抱えているが、くじら食文化を積極的に
打ち出し下関名物・鯨を通じて街の活性化に想いを馳せる「くじら館」
さんに.エ-ル‼

Blog Category

自宅で本場のふく料理を!活き...

ふくの水揚げ量日本一を誇る下関南風泊。その南風泊市場開設以前、昭和十年よりの永い歴史を育んできた「フグ仲卸平越」は、市場のフグ一尾、一尾厳選し全国の高級料亭やふくの専門店へ提供してきました。特に東京築地卸売市場では、天然トラフグ、また上質の養殖トラフグの磨き(除毒処理後の業界用語)でトップブランドの名門と評価されております。「ふく料理は、材料の善し悪しが勝負。最高の材料を最高の技で料理して、はじめてお客様に満足していただける」ごく当たり前のこと。ごく普通のことを守り通してきた「平越」ふく楽舎.­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0