ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

唐戸市場「名物.市場寿司」今朝8時/市外、県外から朝食に‼

2012年05月04日 (金) 13:04
今朝の朝めしは唐戸魚市2階の市場内の人がよく利用する食堂で‼
丁度8時に食べ終わり2階から階下を見下ろせば、既にお客様で大賑
わい。
小雨まじりの天気の為、買った寿司、唐揚げ、海鮮どんぶり等を持ち、
食べる場所探しでウロウロ…
  
 画面後方は、臨時にテ-ブル、椅子が置かれ買った飲食物をお召上
 がり頂く場所。
  手前(セリ場)も間もなく、テ-ブルと椅子が準備されます。                                               
朝市1
















唐戸朝市  
朝市2

































午前10時位には雨が降り止んだので、本番のお昼前後は関門海峡を
眺めながら外での食事OK‼ 下関が充分に堪能して頂きたいものです。

それにしても、朝早くからお客様の多いのにはビックリ‼

            
唐戸市場入口


















Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0