ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

夏ふくを食べよう会+こんぺいとうサマ-コンサ-ト/山口新聞に

2012年05月23日 (水) 16:49
5月20日開催の「第3回 夏ふく《天然真ふく》を食べよう会が」山口新聞
の記事に。

  おかげさまで山口新聞さんに取材して頂き「真ふく」の美味しさが広く
  伝えらたのではと、感謝です。
夏ふく記事


















記事の内容・・
「夏ふくを食べよう会」が20日、彦島西山町の「ふく楽舎」であり、市内外の
約80人が天然のマフグを使った「夏ふくメニュ-」に舌鼓を打った。
下関ふくを食す会とNPO法人ふるさと下関応援団の共催。
3~5月ごろに水揚げされるマフグは「フグの女王」とも呼ばれる。この日は、山口
県沖の日本海で獲れたマフクのたたき刺しや唐揚げ、しゃぶしゃぶなどがテ-ブル
に並んだ。
パンフル-トとギタ-を中心とした2人組ユニット「こんぺいとう」のコンサ-トもあり
参加した武久町の北野紘文さんは「おいしいマフグに音楽もあって素晴らしい」と
喜んだ。
夏ふくを提供する天白ひらこしの広畠敬喜顧問は「マフグは唐揚げや、鍋にすれば
トラフグに勝るとも劣らない。おいしさをもっと知ってもらえたら」とPRする。
                                          以上

来年もこの時期に開催する予定です。
おりがとうございました。


Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0