ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

こんぺいとうサマーコンサート//下関ふるさと応援団主催

2013年04月19日 (金) 10:22
昨年ご好評を頂きました<こんぺいとうサマーコンサート>。
本年も「NPO法人下関ふるさと応援団」との共催で開催‼

こんぺいとうはパンフルートとギターを中心とした2人編成のユニット。
        ≪昨年5月開催時の画像≫
こんぺいとう(4)
















ルーマニアを代表する民族楽器、バンパイプ?、日本ではパンフルート。

演奏は、童謡、唱歌を中心に懐かしい名曲も入れパンフルートの他に
ケーナ、オカリナを持ち替えギター、スチールギター等も使い、歌も入る多彩
で楽しいステージを届けてくれます。
※「ふく爺」は映画音楽『エデンの東』が印象に残っています

演奏を楽しんだ後は、「ふく楽舎」自慢の とらふく料理「南風泊コース」を‼
南風泊


















≪昨年開催時のお食事風景/「こんぺいとう」岡田さん前田さん≫
料理のおいしさと、海の見える景色に大感動‼
                  本年度開催に結がりました‼
こんぺいとう食事

















会費  5000円(ワンドリンク付き//ビール・ソフトドリンク)
      詳細はトップページ参照

  4~5名様で1テーブルのお申込みがお勧めです













 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0