ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

名残りのふく料理80人が楽しむ「ふく楽舎」で/山口新聞記事

2013年04月14日 (日) 11:22
天然トラフク゛のシーズン終了に合わせて『天然とらふく波残りの会』
が11日夜、彦島西山町天白ひらこし「ふく楽舎」で開かれた。
名残記事



















  KRY山口テレビさんも取材‼
KRY取材



















   ~日本酒と「とらふく」の縁組を一堂に味わう~ 
 こだわりの二趣をご用意‼ こだわり(その1) 「五幸酒ざんまい」
白子酒(トラフク白子裏ごし造り)・身酒(トラフク刺身を熱燗に)・骨酒(トラ
フク中骨焙焼)・うぐいす酒(トラフクくちばし)・ひれ酒(トラフク白ヒレのみ使用)
五
















五幸酒(2)




















こだわり(その2)//天然とらふく料理~刺身・唐揚げ・ちり鍋・雑炊
          原料フグ〓(1、3~2kg の上物使用)
  特大唐揚げ→素材が大きいことの証明‼ 左、ちり用のあら身
天然唐揚げ



















   特別ゲスト・舞踊家 花柳三吉さん他、花柳門下3名様
≪延縄ふく舟 いのち舟≫の舞がひときわの華やぎ、余韻をあじわいました
花柳三吉



















お客様のお一人、声楽家の澄川孝子様が他のお客様方の要望で
荒城の月』を熱唱して下さいました。全員耳を目に真剣に拝聴‼
澄川孝子



















 会の終了前に 弊社平尾泰範社長/お礼の挨拶
前列左/古川薫氏(作家) 右/和仁皓明氏(元・東亜大学大学院教授)
波残平尾



















  ご参加いただいた 古川薫さん揮毫 平成25年4月11日/書
薫名残ふく















 

会費一万円也‼(飲物込)
本日の天然トラフクは板前曰く、刺身を引きながら惚れぼれしたと語る。
お客様も「今日は養殖トラフクとの違いがはっきり解った、本当に旨かった
五つの酒も含めておいしさに感動した」とのご意見を賜りました。

 『下関、天然とらふく』の歴史は平越の歴史です
  //4年前からHPページトップに表明‼ 
 
 ~下関天然とらふくのおいしさの広がりが私たちの大きな願いです~
   基本コンセプトに向けて頑張り続けます。
 
  ありがとうございました












 

Blog Category

夏季休業のお知らせ

≪料理体験・料理(飲食)夏季お休みのお知らせ≫7­月1­0­日~9­月2­0­日の間は、お休みとさせていただきます。何卒、よろしくお願い申し上げます。

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0