ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

第4回『利き河豚・味比べ』秋の初セリ前‼9月13日開催

2013年08月10日 (土) 14:59
 下関ふくは秋の初セリから‼
 待ちに待ったシーズンがようやく幕開けとなってまいります

    天然とらふくと養殖とらふくの食べ比べ 
      ~詳細はトップページ参照~

                             
  今シーズン初セリ前に、新物天然とらふく刺身のご賞味を‼     
刺身天然養殖
















左/養殖刺身菊盛り 右/天然刺身2枚引き(昨年開催時の画像)
※天然、養殖、2皿がお一人様分//同時食べ比べ‼




天然刺し
















左/養殖しゃぶ 右/天然しゃぶ~各お二人様分 (昨年開催時の画像) 
※注・・しゃぶ鍋〓骨ナシちり鍋~分量タップリ‼超、贅沢鍋料理です


 天然とらふくのみがき&生け簀で泳ぐ天然とらふく
天然みがき

















第1回開催/発起人、中尾友昭市長さんの挨拶
利き中尾



















第一回開催/発起人 山口新聞特別編集委員 佐々木正一さんスピーチ
利き宴会

















この初セリを前にした9月13日、広く市民の方々にもご参集いただき、わが
ふるさと下関にとって「ふく」が大切なブランド文化資源でもあるとする意識と、
下関ふくをもっと深く極め「下関ふくの語り部」を輩出していければと念じる次
第でございます

本物のおいしさを認知して頂き、和やかにして知恵をぶっつけあう決起集会を
『利き河豚・味比べ』と銘打ちまして開催致します。
よりグレ-ドの髙い文化として賑わってまいりますことにエ-ルとご理解賜ります
ようお願い申し上げます。
 
 ご友人、知人様お誘いのうへ‘おいしさのひととき~至福~’を!!
 

 
 
 


 






 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0