ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

「おもしろ文化塾」武部忠夫氏と市立美術館濱本館長対談

2013年12月11日 (水) 17:09
おなじみ『街角サロン・おもしろ文化塾』では下関市立美術館濱本聡
館長をゲストでお迎え‼

下関市立美術館開館30周年記念展「河村幸次郎と美の世界」を
開催中
~下関市立美術館は「河村コレクション」が開館の礎とされている~
おもしろ文化塾
















武部さんは劇団「海峡座」発刊/冊子への原稿依頼で東京中目黒の
河村邸を訪れた時(50数年前)や、30年前に下関でインタビューした
時の思い出を紹介‼ 《山口新聞記事より》

 
 河村コレクション
 『芸術は魂の食べ物』・・河村幸次郎氏、談 (1901~1994年)
明治34年 下関に生まれる
大正 8年 山口県立豊浦中学校卒業、早稲田大学入学。
        この頃水道橋の南陽堂書店で竹久夢二に何度か出会う。
        病気の為大学を中退し帰郷。快癒後実家の伊勢安呉服店の
        経営に携わる。
昭和 2年 高島北海の末娘と結婚。 以下.略

  ≪河村氏は下関市立美術館の名誉館長を生涯務めた≫
河村コレクション

















下関市立美術館の所蔵品の核を形成しているもののひとつに、河村コレク
ションがあります。

下関出身の実業家で美術コレクタ-、河村幸次郎氏が美術館建設時に寄
贈された。
高島北海(河村氏の義父)、岸田劉生、梅原龍三郎、藤田
嗣治、香月泰男、古代エジプト・オリエント遺品など総数300点寄贈。

  ≪河村幸次郎氏が収集、寄贈されたコレクションの一部・・・画像は
    他の寄贈品も含む~下関市立美術館資料より≫
コレクション画像
















河村幸次郎氏は下関の伊勢安呉服店の次男として生れ、後に家業を継ぎ
ますが、そのかたわら音楽・文芸・美術など幅広い文化活動を行い、下関に
来られた多くの芸術家や文化人と交流を深めました。

昭和14年に東京に拠点を移した頃から、竹久夢二、藤田嗣治などの美術品
収集に力を入れるようになり、交流のあった多くの芸術家を物心両面で支援
しました(良きパトロン)。
香月泰男が戦前、下関高等女学校の教師時代からの交流がそうした画家の
ひとりです。

 

Blog Category

高校生、孤軍奮闘!!

各地から、生徒さん達が孤軍奮闘慣れない手つきで大苦戦男子学生もチャレンジお家でもお手伝いしてるのなかなかの腕前お揃いのスタイル真剣な眼差し仕上げも韓国からは料理専門学校のプロの卵達が「ふく楽舎」で研鑽

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0