ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

天然とらふく『波残りの会』〓解体(みがき)実演も大好評‼

2014年04月15日 (火) 18:05
安倍総理大臣、林農林水産大臣、江島参議院議員様
から開催のお祝いメッセージを頂きました。
安倍事務所




















乾杯‼ 右から古川薫(作家)酒谷芳郎(JR西日本下関地域鉄道部長)
和仁皓明(下関くじらを守る会会長)松村 久(下関ふく連盟理事長)の各氏
乾杯





















古川 薫氏(日本文芸協会会員/直木賞作家)発起人代表挨拶の一部
古川薫挨拶


















薫(2)
















薫(3)





















磨き実演/天然トラフク2.5kg/ みがき身は即、刺身(活き造り)で参加
者の皆さんで試食‼ お一人様一切れ位しか行きわたらない分量でした。
通常の料理では、天然は3日間の〆め後に刺身に、本日の天然刺身は
〆め工程を経た2枚引き盛りでお出ししています。
波残り実演




















鍋料理は、しゃぶ鍋(骨ナシちり)超贅沢なメニュー‼ モチ、天然です。
お野菜は、小かぶ、エリンギ、下関春菜(ローマ春菊)、白ねぎ、
しゃぶ




















 























 

Blog Category

自宅で本場のふく料理を!活き...

ふくの水揚げ量日本一を誇る下関南風泊。その南風泊市場開設以前、昭和十年よりの永い歴史を育んできた「フグ仲卸平越」は、市場のフグ一尾、一尾厳選し全国の高級料亭やふくの専門店へ提供してきました。特に東京築地卸売市場では、天然トラフグ、また上質の養殖トラフグの磨き(除毒処理後の業界用語)でトップブランドの名門と評価されております。「ふく料理は、材料の善し悪しが勝負。最高の材料を最高の技で料理して、はじめてお客様に満足していただける」ごく当たり前のこと。ごく普通のことを守り通してきた「平越」ふく楽舎.­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0