ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

五鰏酒ゴフクザケをたしなむ会・村岡山口県知事を囲み盛り上がる

2014年05月22日 (木) 16:34
~ふくのヒレ酒他、五種類のトラフクを素材にした酒~

ふくの「五幸酒ざんまい」〓ふく楽舎ブランド//が進化‼
 ☆『五鰏酒(ゴフクザケ)』 と新たに命名☆
☆地域活性化と新たな観光資源に育てる取り組みを村岡知事
 にアッピール‼

 おしながき …飲物は 『五鰏酒(ゴフクザケ)』コース 
たしなむ会





















   山口新聞/本日(五月22日)掲載
五フク記事






















左から/関谷下関市議会議長・村岡山口県知事・古川薫(作家)
    勝原元.山口銀行会長様の各氏知事関谷薫























左から/川上下関商工会議所会頭・松村下関ふく連盟理事長
杉岡JR西日本広島支社支社長・同社下関鉄道部部長、酒谷
芳郎様の各氏
川上広島支社

















とらふくの五鰏酒ざんまい
白子酒//トラフク裏ごし造り・ 身酒//トラアク刺身を熱燗に
うぐいす酒
//トラフククチバシ焙焼・ 骨酒//トラフク中骨焙焼・
トラフクひれ酒
//定番‼オーソドックスな慣れ親しんだ香り

 



他の会議の為、遅れて駆けつけたられた中尾下関市長さん
         「下関ふく」を熱く語られる
五フク中尾






















 村岡嗣政山口県知事&トラフク目利きの大御所・平尾瞳/78歳
       (株)平越・(株)天白ひらこし・専務           
知事瞳







































 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0