ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

ふく料理体験〓韓国旅行代理店添乗員様下見体験&日本人ご夫婦

2015年01月18日 (日) 14:59
韓国高校生200余名の修学旅行先が「ふく楽舎/ふく料理
体験」決定と言う事で、事前に韓国旅行エージェントの添乗
員さんが実際を下見体験‼

教材(1)
















教材進行
















串刺し
















韓国刺し(1)




















皮刺し用/腹側の外皮…湯引き前⇒湯引き後細切り中
皮白
















皮白韓国




















 刺身完成…腕前は確かです//刺身・ちり鍋~体験後食事
刺身完成
















食事




















 『天白ひらこしふく料理体験学習・修了証書』をお渡しする
修了朴























修了3人




























AM11:00時から日本人のご夫婦(広島ヨリ)が韓国旅行会社のお二人
と同時進行で体験(体験コースは、1日1回/AM11:00スタートです)
 実は、ご主人だけが体験⇒食事はお二人
中原料理
















中原(2)
















料理(3)




















マイ包丁持参で‼ 気合いが入っています。刺身の出来も素晴らしい‼
マイ
















中原刺し完(1)
















中原刺し完(2)
















中原食事
















中原雑炊



















 『天白ひらこし.ふく料理体験学習修了証書』お渡しする
修了中原
















食事はそれぞれご自分の造ったふく料理に舌鼓‼ 食事時には
日本のお二人と韓国旅行エージェントさんご三人が韓国映画の
話題、夫婦の家庭での役割分担?等、日韓親善の一幕もあり
和気あいあい大変喜ばれました。

実は
体験学習コースは使った道具、食事後の食器は洗って頂くことに‼

後ろ向きの男性はエージェントの釜山所長さん、体験はされなかった
が食事はご一緒に召し上がられました。
所長さんが率先して皿洗いをされることから、夫婦の役割分担?の話
題になった次第です。
皿洗い


















































































 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0