ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

山口県産養殖トラフグ⇒プロの試食研究会〓餌・料理方法の違いで

2015年01月20日 (火) 14:51
山口県産の養殖トラフグの品質(味覚)アップの研究を水産大学
と協同研究している企画会社&生産者が、下関のトラフグ業界の
関係者を招き試食会を開催。
※注.企画と生産(トラフグ養殖)に関わる企業は水産と無関係?
 養殖事業は長門市の建設会社・企画は(株)EECL(イークル)
  《そう云う時代デスネ‼》

フグの魚体に関するアンケート//験体A・B・C・

とらA















とらB
















C
















3y:s





















 3尾の みがき(徐毒)工程を実演・みがき後の目利き力が肝心‼
身欠き(3)




















刺し身・試食前
 餌〓3タイプ  
 料理方法〓2タイプ (1)ビタ引き(捌いた当日(本日)の刺身)
(2)2日間〆め(3日前に仕込み⇒さらし布に巻き、2回取り換え/余分の
 水分を取り熟成された、刺し身) ※調理は「ふく楽舎」で
調査




















ビタ引きの刺し身…ポン酢を付けないで食すと味覚がよく解る
ビタシイ




















〆め工程を経た刺し身
〆(3)
















調査〆しー




















プロの試食会‼
南風泊・フグの荷受会社/唐戸魚市(株)原田社長さん(手前)
原田





















トラフグ仲卸・ヤマモ水産(株)森本社長さん(右.二人目)
森本




















トラフグ仲卸・畑水産(株)畑社長(左、二人目)
畑




















トラフグ仲卸・平越商店/天白ひらこし社長・平尾泰範
平尾





















水産大学教授.農学博士・高橋幸則氏・・養殖フグについてトーク‼
水大





















唐戸魚市場仲卸協同組合理事長・中川雅則氏
中川理事
















餌の違いで「刺し身」の味覚差位は微妙?
料理方法での違いは歴然としている⇒2日間〆めの刺し身が断トツ旨い‼

参加者のアンケートを集計して後日報告があるとの事。



























































 

Blog Category

自宅で本場のふく料理を!活き...

ふくの水揚げ量日本一を誇る下関南風泊。その南風泊市場開設以前、昭和十年よりの永い歴史を育んできた「フグ仲卸平越」は、市場のフグ一尾、一尾厳選し全国の高級料亭やふくの専門店へ提供してきました。特に東京築地卸売市場では、天然トラフグ、また上質の養殖トラフグの磨き(除毒処理後の業界用語)でトップブランドの名門と評価されております。「ふく料理は、材料の善し悪しが勝負。最高の材料を最高の技で料理して、はじめてお客様に満足していただける」ごく当たり前のこと。ごく普通のことを守り通してきた「平越」ふく楽舎.­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0