ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

シーモール下関・外壁へ「プロジェクションマッピング」の上映

2015年02月07日 (土) 13:18
1市4町合併10周年(菊川、豊田、豊浦、豊北)を迎える下関市で、
13日から3日間、建物の壁面などに立体映像を映し出す「プロジェクシ
ョンマッピング」の上映が行われる。

~聖なる夜に鼓動する光と音の映像美。郷土の魅力と愛を
  テーマに魅せる街~


 下関駅前・シーモールショピングセンター正面外壁(試験映像)
10周年
















くじら
















がんりゅう

















下関をテーマにした7分間の映像を映し出す。期間中は一帯で、音楽や
踊り、食などのイベントも予定されており、お祝いと祭りのムードに包まれ
そうだ。
 ※ シーモール下関で 13日から3日間
下関駅前の「エキマチ広場」を観覧会場に、午後6時40分、7時10分、
同40分、8時10分、同40分の計5回上映する
(15日は8時10分が最終の計4回)。
















 

Blog Category

自宅で本場のふく料理を!活き...

ふくの水揚げ量日本一を誇る下関南風泊。その南風泊市場開設以前、昭和十年よりの永い歴史を育んできた「フグ仲卸平越」は、市場のフグ一尾、一尾厳選し全国の高級料亭やふくの専門店へ提供してきました。特に東京築地卸売市場では、天然トラフグ、また上質の養殖トラフグの磨き(除毒処理後の業界用語)でトップブランドの名門と評価されております。「ふく料理は、材料の善し悪しが勝負。最高の材料を最高の技で料理して、はじめてお客様に満足していただける」ごく当たり前のこと。ごく普通のことを守り通してきた「平越」ふく楽舎.­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0