ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

下関文化らく〜ざ2015 開催 …多彩な講師が勢ぞろい!

2015年03月05日 (木) 17:18
地域文化の創造・発信並びに地域文化に対する市民の意識   
向上を図るため、下関在住または下関に縁のある方々を講師
に招き、地域の伝統や文化の知識を深める ..
らくーざちらし




















 ~雑食系文化講座~らくーざ(楽座)~
   「ふく爺」は3講座を聴講‼チケット3枚〓1500円也
チケット
















(1)
本日の美味しさの旬感
12:30~13:30 2F E教室
講師 和仁皓明/食文化研究家・ 中尾友昭/下関市長

(2)
文学の魔力・魅力
13:50~14:50 4F A教室
講師 田中慎弥/芥川賞作家
(3)
下関は和菓子の宝庫
15:10~16:10 
講師 西原由美/松琴堂社長・ 三野明彦/江戸金社長
    倉本雅通/梅寿軒社長













 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0