ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

維新パワーの再来を‼毛利長府藩、清末藩&維新豪商末裔の集い

2015年03月25日 (水) 16:59
明治維新から150年を前に、長府藩家老の子孫、勝原一明さん
や清末藩家老の子孫、内藤知則さんらが呼びかけ全国から毛利家
子孫の方々、維新達成に資金面等で貢献された豪商のご末裔様
他、関係者が「ふく楽舎」に集結。
維新を先導した祖先に倣い、長州下関の発展に寄与することを目的
とする交流会「長清会」の第2回目が開催された‼

記念写真~54名様がご参加
集合














名簿




















清末毛利家12代当主 毛利元昌氏(長清会.会長)
毛利元昌




















副会長挨拶〓 内藤知則氏/左.清末藩家老  
          勝原一明氏/右.長府藩重役
勝原内藤




















毛利陽花様/右.長府毛利家
陽か




















中尾下関市長/左から3人目、もお祝に駆けつけるられる‼
中尾

















幕末の豪商/坂本龍馬が信頼した伊藤助大夫の子孫伊藤根光氏ご夫妻
奇兵隊、高杉晋作を支援した豪商白石正一郎の子孫、白石明氏ご夫妻
が東京と大阪からご参加。


東部中学同級生の平野賢爾氏//清末藩家老の末裔//
~毎月、ゴルフコンペで遊んでもらっています~
平野

















維新先導のパワーの再来を‼
毛利長府藩、清末藩&維新の豪商末裔/長清会



































 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0