ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

天然トラフク名残りの会…フレンチシェフ三国清三氏参加で⇒‼

2015年04月14日 (火) 10:36
~秋の彼岸から 春の彼岸まで~天然とらふくの旬と言われて
おります。
ふく楽舎では、本年のふくシーズンの無事有終を祝しまして「とらふく
名残の宴」を、4月29日の『下関ふく供養祭』を前に開催‼
ふくへの感謝と、来シーズンへ向けて余韻の情を楽しんで頂きました。

フランス料理のカリスマと言われる三国清三氏もご参加‼
三国挨拶




















アトラクション/天然トラフク解体ショー(ミガキ)料理長内田祐介
説明役平尾泰範(天白ひらこし.社長)と 右//三国シェフ
 //実演の天然トラフク2.2kg⇒最上級品
活けとら
















波みがき
















三国みがき
















三国みがき




















当会の発起人/和仁皓明氏「オテルド・ドゥ・ミクニ」には創業の
四つ谷時代からの顧客だった、と挨拶で述べられる。
和仁
















ちなみに…発起人代表は古川薫氏(直木作家)
    ※中尾下関市長さんもご参加下さいました




宴もたけなわ・・自慢の十八番を熱唱される中尾弘明氏(ラーメン一龍軒)
中尾





















山口新聞記事
新聞
















※タイトル~《 波残りの会(なごりのえ) 》について
「なごり」は、もともと「余波」という漢字の「なごり」からきており、打ち寄せた
波の余韻に思いをはせるところから、「下関ふく」旬の有終を飾る会をひらき、
最後の余韻にひたって舌鼓を打ち、次の旬を待ちわびる思い、再びの出会
いに思いをつのらせ、別れを心から惜しむ会として、「波残りの会」といたしました


《宴の内容》

1. 天然トラフグフルコース料理⇒東京有名ふく料理店出荷用の上質品と
   同じ天然物使用(3月末で一部を残し出荷休止)
2. とらふくの『五鰏酒(ゴフクザケ)』〓五趣のふく酒を味わって頂きました
(1)トラフク白子酒(2)トラフク身酒 (3)トラフク骨酒、(4)トラフクうぐいす酒
(5)トラフクひれ酒
3. フレンチのカリスマ ~ 三国清三氏が参加
 4. 2Kg以上のビッグサイズ天然トラフグ・解体ショー(ミガキ~徐毒
   工程
)

 下関はふくの町です。「ふくで盛り上がろう、みんなの絆をもっと強く」
 参加者は多士済々、「ふく」を通じて“元気な下関”を目指します。


 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0