ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

村岡山口県知事「ミラノ博」便り/知事のフェースブックより転載

2015年05月25日 (月) 16:34
ミラノ万博の日本館で、4日間開催される山口県の出展のため、ミラノ
に来てます。
山口県の日本酒の説明・試飲やフグや岩国寿司の調理実演・試食、
萩焼、大内塗、観光名所などの展示、神楽の実演などで、山口県の
魅力を強く発信します。
特にフグは、毒を持つ魚ということでEUには輸出が認められおらず、当初
は出展不可でしたが、粘り強く働きかけた結果、万博特例として持ち込み
が認められました!調理師団体の代表や、フグ調理免許を持つ下関市
の中尾市長も来てふく刺し盛り付け実演
・試食には大勢の方が来られ
ました。

EU圏で初めて食べられる今回のフグ出展には、他のEU加盟国からの問い
合わせもあり、関心はとても高いです。
山口県としては初のEUでの売り込み。今後の展開につながるよう、しっかり
頑張ってきます!
村岡 嗣政さんの写真
村岡 嗣政さんの写真
村岡 嗣政さんの写真
村岡 嗣政さんの写真





(













 (村岡嗣政山口県知事発信の、フェースブックより)

ミラノ万博・日本館のイベント第一弾は山口県ナンデス‼
下関から中尾下関市長、関谷市議会議長他、畑原県議会議長さん
等々もPRに駆けつけておられます。



 

Blog Category

自宅で本場のふく料理を!活き...

ふくの水揚げ量日本一を誇る下関南風泊。その南風泊市場開設以前、昭和十年よりの永い歴史を育んできた「フグ仲卸平越」は、市場のフグ一尾、一尾厳選し全国の高級料亭やふくの専門店へ提供してきました。特に東京築地卸売市場では、天然トラフグ、また上質の養殖トラフグの磨き(除毒処理後の業界用語)でトップブランドの名門と評価されております。「ふく料理は、材料の善し悪しが勝負。最高の材料を最高の技で料理して、はじめてお客様に満足していただける」ごく当たり前のこと。ごく普通のことを守り通してきた「平越」ふく楽舎.­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0