ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

中尾市長のふく料理体験塾⇒下関市立大、下関水産大生が受講

2015年07月06日 (月) 11:14
下関市農林水産振興部・主催
ふく料理体験塾〓講師中尾友昭下関市長

市内大学生を対照に下関の名物であり、産業にも大きく関わる「ふく」
の料理体験塾開講‼ 今回は下関市立大学生と下関水産大学生さん
70名様が市長直々の指南で、見事な「ふく料理」を自分造り‼

 村上農林水産部長さんの挨拶で開始‼
村上






















中尾市長の実技講習…モニターを見て実習‼
市長ステージ
















市長もにたー





















教材//トラフグみがき(徐毒処理済み〓卸売時の商品です)…1尾を二人で
調理 ~ このサイズで「ふく料理店」では約3人前分です
教材





















料理体験中・・・
頭
















隊刺し(1)
















隊刺し(2)





















完成した「とらふく刺し身」を自慢‼ 素晴らしい出来栄えデス
刺し完(1)
















刺し完(2)





















「下関市長.中尾友昭//名入り」の「ふく料理体験初級編の修了証書」
が発行されます。修了証書に自分造り「ふく刺し」の画像を張り付けられて
下関市から受講生に送付されます。
   
    市の職員さんが、ひとり一人の名前を確認して撮影
修了(1)
















修理用(2)






















 ♂いよいよ食事タイム♂⇒刺し身&ちり鍋、締めはふくぞうすい‼
参加の学生さんは県外の方で本格的ふく料理食は初体験とお聞きしました。
『美味しい、おいしい』の連発‼ 下関.4年間の学生生活で貴重なおみやげ
話なしをお持ち帰りいただけたと思います。
ちなみに・・中尾市長はふく料理体験塾修了の方は「下関ふく大使」だと話さ
れておられました。
職ちり
















ぞうすい
















下関ふくに挑戦‼
御苦労さまでした。 お怪我もなく無事終了、ありがとうございました。

  今後とも「下関ふく」を愛していただきますよう念願いたします

※下関東亜大学、下関梅光学院大学様は10月上旬の開講です

























































 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0