ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

皇居吹上御所の庭に咲く草花を写生…安野光雅展…下関市立美術館

2015年09月25日 (金) 10:51

 両陛下のお庭を彩る四季の草花を描く‼
チケット


















 



 画集『御所の花』・・絵の好きな孫にプレゼント(小学5年・女の子) 
御所






















作品130点の中からアトランダムにご紹介‼
上から レンゲソウ・ヒガンバナ・カラスノエンドウ・バイリン・サクラ・
れんげ
















ひが












からす




















梅林
















さくら




















上から コハマギク・サンシュ・ススキ・オミエナシ・

こはまきく
















さんしゅ
















すすき














オミナエシ
















安野光雅画伯は、天皇皇后両陛下の本を装丁したご縁から、
2011年1月から翌年4月にかけて、皇居吹上御所の庭に咲
く四季折々の草花を写生する機会に恵まれました。その写生を
もとに制作された130点の水彩作品を一堂に展示。

下関市立美術館
会期・・10月18日まで





















































 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0