ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

第4回天然とらふく・波残りの会4月14日開催※発起人古川薫氏

2016年03月05日 (土) 11:23

下関を元気に‼ 『ふく楽舎』 イベントメッセージ    
       つながり、交流 & 絆 
 
  ~秋の彼岸から 春の彼岸まで
  天然とらふくの旬と言われております

ふく楽舎では、本年度のふくシーズンの無事有終を祝しまして
「天然とらふく名残の宴」を、恒例の『下関ふく供養祭〓4月
29日』を前に別記の通り開催致します。
ふくへの感謝と、来シーズンへ向けて余韻(余波)の情を楽しん
でいただく催しでございます。

 直木賞作家 古川薫/揮ごう
なごり
年中、「ふく」でにぎわう下関を!!
ながく愛され続けるもの、それが文化でしょうか。 下関には、
しっかりと「ふく文化」が 
あります。
ひとをつなげる大きな力をもっています。

いろいろな新しい出会いを生み出しています。

「ふく楽舎」イベントは下関をもっと大きく翔くようチャレンジ、
そして新しい出会いへの扉のひとつと考えています。


☆…ここが魅力、本企画のウリです
1. 天然とらふくコース料理⇒東京有名ふく料理店用の上質品
   と同じ天然トラフグを使用(3月末で一部得意先を除き9月
   まで出荷休止)
2. 『五鰏酒(ゴフクザケ)〓五趣のふく酒を味わって頂きます
 (1)トラフク白子酒(2)トラフク身酒 (3)トラフク骨酒、
 (4)トラフクうぐいす酒(5)トラフクひれ酒
()(ふく)(ざけ)<商標登録>下関の新ブランドとして日本中に発信‼
3. 2.5Kgクラスのビッグサイズ活天然トラフグ・解体ショー
  
(ミガキ⇒徐毒工程実)
 
極上天然とらふく料理&トラフク白子酒など、五趣のふく酒
ざんまいをお楽しみ下さい

ご友人、知人様等、お誘いのうへ‘おいしさ至福’のひとときを‼
 
※イベント、タイトル~《 波残りの会(なごりのえ) 》について
「なごり」は、もともと「余波」という漢字の「なごり」からきており、打ち寄
せた波の
余韻に思いをはせるところから、「下関ふく」旬の有終を飾る会
をひらき、最後の余韻にひ
たって舌鼓を打ち、次の旬を待ちわびる思い、
再びの出会いに思いをつのらせ、別れを心
から惜しむ会として、「波残り
の会」といたしました

 
詳細は トップページ・バナー『天然とらふく波残りの会』から
    お入り下さい。


 

Blog Category

体験!真ふくコース

期間限定4­月1­日~1­0­月3­1­日本場の天然真フクを霜ふり刺身、ちり鍋、雑炊でお一人様3­,7­0­0­円(税込)でご堪能いただけます。お問合せ・ご予約はこちらから行事などから、営業内容が変更される場合がございますので、お気軽にお問い合せ下さい。■開始時間午前11時~1日1回のみ(ご予約人数が多い場合は時間の変更可)■終了時間午後1時30分■申込人数最少1­2­名様から承ります(最大80名様)■お一人様で1尾の真フクを料理体験後、食事を致します。■ゼミナール(学習コース)ですので、食事後に道具類食器類を洗っ.­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0