ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

「下関ふく」が国の地理的表示(GI)保護制度に登録⇒知的財産

2016年12月22日 (木) 17:13
GIは農林水産物など地域ブランドを国が知的財産として守る制度。
「下関ふく」は下関の南風泊市場に入荷した天然・養殖の国産
トラフグが対象。
​内臓等有毒部位を除去処理(ミガキ行程)する仲卸(ふく問屋)の
​高度な処理技術が国のお墨付きを得る。

しものせきふく
















ミガキが卸売りの商品です//トラフグは内臓付きでの流通ナシ
​ふく料理店等はミガキを仕入れて料理に仕上げます。




養殖トラフグ「みがき」出荷前⇒格付け(目利き)/平尾瞳⇒業界
屈指の目利き力~この道50數年〓唐戸魚市仲卸(株)平越商店専務
壺瞳















選別
















皮

















​下関ふくは全国区ですが、全国各地でご当地フグのブランド化が
​進み産地間の競争か゛激化!

​明治以来の「下関ふく」の伝統をさらに、目利き力に磨きをかけ
て業界のレベルアップ!信頼の「下関ふく」を発信!






























 

Blog Category

ふくギャラリー

ふくをテーマにした多彩なコレクション。ふくと海をテーマに、折にふれて収集してきた絵画などの美術コレクションを展示しています。また、珍しい種類のふくや貴重なふく料理の写真なども館内各所に展示しています。「ふく食文化」は下関の財産ともいえるもの。プロの技が冴える華麗な創作料理の姿を通して、その一端に触れていただければ幸いです。「ふく楽者」館内展示絵画『ふく群図』三輪亨良描下関市彦島在住:升本猛作:「メルヘンの詩」シリ-ズ日本画:小野具定描

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0