ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

「下関ふく」が国の地理的表示(GI)保護制度に登録⇒知的財産

2016年12月22日 (木) 17:13
GIは農林水産物など地域ブランドを国が知的財産として守る制度。
「下関ふく」は下関の南風泊市場に入荷した天然・養殖の国産
トラフグが対象。
​内臓等有毒部位を除去処理(ミガキ行程)する仲卸(ふく問屋)の
​高度な処理技術が国のお墨付きを得る。

しものせきふく
















ミガキが卸売りの商品です//トラフグは内臓付きでの流通ナシ
​ふく料理店等はミガキを仕入れて料理に仕上げます。




養殖トラフグ「みがき」出荷前⇒格付け(目利き)/平尾瞳⇒業界
屈指の目利き力~この道50數年〓唐戸魚市仲卸(株)平越商店専務
壺瞳















選別
















皮

















​下関ふくは全国区ですが、全国各地でご当地フグのブランド化が
​進み産地間の競争か゛激化!

​明治以来の「下関ふく」の伝統をさらに、目利き力に磨きをかけ
て業界のレベルアップ!信頼の「下関ふく」を発信!






























 

Blog Category

自宅で本場のふく料理を!活き...

ふくの水揚げ量日本一を誇る下関南風泊。その南風泊市場開設以前、昭和十年よりの永い歴史を育んできた「フグ仲卸平越」は、市場のフグ一尾、一尾厳選し全国の高級料亭やふくの専門店へ提供してきました。特に東京築地卸売市場では、天然トラフグ、また上質の養殖トラフグの磨き(除毒処理後の業界用語)でトップブランドの名門と評価されております。「ふく料理は、材料の善し悪しが勝負。最高の材料を最高の技で料理して、はじめてお客様に満足していただける」ごく当たり前のこと。ごく普通のことを守り通してきた「平越」ふく楽舎.­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0