ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

オモシロ感動広告/伊藤忠「商人語録」日経1ページ広告!

2017年04月05日 (水) 18:25
 《ふく爺⇒驚き、感動、学ぶ、》広告シリーズ

『商人語録』~ひとりの商人・無数の使命~
​ 日本経済新聞平成29年4月3日 伊藤忠商事1ページ広告
商人語録1
















伊藤忠下部
















広告1
















広告2












2




















 
    

 
​       日本経済新聞 平成28年1月4日/伊藤忠商事.1ページ広告
聞き












以東



















554


















樹木希林さん⇒凄い・・伊藤忠商事も凄い‼
これ?広告‼…「深いイー」の一言!!

 

  ひとりの商人、無数の使命

[写真]

ひとりの商人がいる。そしてそこには、数限りない使命がある。
伊藤忠商事の商人は、たとえあなたが気づかなくても、日々の暮らしの
なかにいる。
目の前の喜びから100年後の希望まで、ありとあらゆるものを力強く商
っている。
彼らは跳ぶことを恐れない。壁を超え、新しい生活文化をつくる。そして
「その商いは、未来を祝福しているだろうか?」といつも問いつづける。
商人として、人々の明日に貢献したい。なにか大切なものを贈りたい。
商いの先に広がる、生きることの豊かさこそが、本当の利益だと信じて
いるから。
人をしあわせにできるのは、やはり人だと信じているから。
だから今日も全力で挑む。
​ それが、この星の商人の使命。      伊藤忠商事

 伊藤忠、企業文化を表現
人が財産であるという当たり前のことが感動を持って伝わり自省の
念を深めてくれるシリーズ広告デス!

 
 
 
































 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0