ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

わかめス-プ誕生!~ふく爺の自慢話.その2

2008年09月10日 (水) 14:28
熱湯を注げば「わかめス-プ」の出来上がり。インスタントわかめ
ス-プは量販店食品売場には数社の商品が棚に並んでいます。

「わかめス-プ」のネ-ミングで商品として日本初で発売した企業
は以外にも下関のフグ製品製造加工販売の「ふく爺」が勤めていた
(株)古川商店(平成7年破産)です。
わかめスープ


















誕生のきっかけは、当時広島の大手ふりかけメ-カ-さんの「わかめ
炊き込みご飯の素」(商品名は不確かですが、ご飯にまぜるだけで美味
しいわかめご飯になる)が爆発的に売れており、当時の若手部下が同じ
ものをと会議で提案があったが、他社と同じもの、真似は面白くないと
却下。

しかし、「ふく爺」はひらめきがありました。
焼き肉店で最後の締めに食べるわかめいっぱいの「わかめス-プ」の旨
さです。
時は食の洋風化が始まり、魚肉ハム.ソ-セ-ジから畜肉ハムへ、他
洋風商品が多く発売された時代でした。

早速市場を調査、「わかめ味噌汁」系の和の商品は販売されていたが、
「ス-プ」のネ-ミングは皆無でした。

そこで理研ビタミン社製造(特許ウェ-ブわかめ)商品名ふえるわかめ
を商社を通して仕入れ、添付封入する粉末ス-プの味覚の研究を重ね
「わかめス-プ・和風味」「わかめス-プ・中華風味」として<わかめタッ
プリ一食分>パッケ-ジで国内初の発売にこぎつけました。

発売当時は下関大丸、井筒屋、岩田屋等で売場2小間使用、試食宣伝
販売で好成績を上げ東京大丸でも試食販売、歳暮、中元ギフト商品とし
て大丸本社のカタログに掲載されました。

余談 1.発売約半年後に「理研ビタミン社」か゛「わかめス-プ」の製造
      を始める、
      同時に特許侵害(原料わかめ)の抗議公文書が来ましたが理研
      からの仕入れが判明して決着、チョット痛快だった!
      
      理研さんは当時「ふえるわかめ」商品に相当の宣伝費かけていた
      が不発だっようだが、「わかめス-プ」商品群は、その後年商100
      億円を超すドル箱商品となっているようだ。
     
    2.元祖は販売をお土産ル-ト、ギフトル-トに絞り込んでいたので
      その後は泣かず飛ばずに終わる

        ジャン!ジャン!!

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0