ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

第7回 帆船模型作品展示会を見ました

2008年09月12日 (金) 14:33
「下関帆船模型クラブ海峡」のメンバ-さんの作品展が旧英国領事館で9月16日まで
開催されています。
帆船は人間が作った最も美しい作品と言われ帆船模型を通して『大海原の夢とロマン』
の世界を堪能して下さいとクラブ会長義宮峰雄氏の言葉。

約15名の方で35作品を展示、一艇に500時間とか650時間かけた精巧緻密な帆船
模型を見させていただきましたがどの作品も歴史と物語を感じながら、いろいろな趣味
があることに感動、人間って本当に素晴らしいといつもながに感じ入りました。
帆船模型クラブのメンバ-さんは「ふく楽舎」のふく料理のファンです。

Blog Category

活きとらふく料理 フルコース

お1­人様7­,1­3­0­円(税込)◆さしみ◆下関伝統の二日間〆め◆ちり◆お食事当日の朝、水槽で泳いでいるトラフグの切り身付(普通はアラのみ使うお店が多い)◆唐揚げ◆大型サイズのトラフグですから、カマが太くて旨味があります・前菜(ふく皮の煮こごり、ふく皮と小ねぎのかまぼこ)・ふくさしみ(楽舎盛り)・とらふく唐揚げ・ふくちり鍋・ふくぞうすい・香の物お問合せ・ご予約はこちらから

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0