ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

下関「とんちゃん鍋」 博多「もつ鍋」の違い

2008年10月29日 (水) 14:53
昨日発信「ふく爺記」の一部訂正しました。
焼き肉レストラン「やすもり」を現社長のお婆さんが約50年前に仕切っておられたと
記しましたが、現社長(60才前)のお母様の間違いでした。

下関「とんちゃん鍋」と博多「もつ鍋」の違いは簡単です。
「とんちゃん」は昨日詳しく説明したつもりです。この方式で食べる地域はほとんど見受
けられません。
山口県でも下関地域のみ、北九州の一部と直方、飯塚で韓国系の人が極くわずかに
経営していて食べられると聞いたことがある。
東京、又は大阪では「チゲ鍋」風のものがあるが、下関「とんちゃん」とは別の食べ物では
ないかと思う。

博多「もつ鍋」 :各店特製のだし汁(ス-プ)に牛もつ、野菜はニラが主体でニンニクと
後は鍋物用野菜を加えてス-プ炊き、出汁をお椀に取り具と一緒に食べると旨い。
「違い」と大上段に構えましたが以上終わりです。

Blog Category

自宅で本場のふく料理を!活き...

ふくの水揚げ量日本一を誇る下関南風泊。その南風泊市場開設以前、昭和十年よりの永い歴史を育んできた「フグ仲卸平越」は、市場のフグ一尾、一尾厳選し全国の高級料亭やふくの専門店へ提供してきました。特に東京築地卸売市場では、天然トラフグ、また上質の養殖トラフグの磨き(除毒処理後の業界用語)でトップブランドの名門と評価されております。「ふく料理は、材料の善し悪しが勝負。最高の材料を最高の技で料理して、はじめてお客様に満足していただける」ごく当たり前のこと。ごく普通のことを守り通してきた「平越」ふく楽舎.­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0