ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

下関・旨い店 『鈴鹿』 :ふく爺お勧めの店 NO.3

2008年11月27日 (木) 15:55

今宵は豊前田町「鈴鹿」に本格派アンコウ料理を3人で食べに行きます。
下関漁港はアンコウの水揚げ量日本一の実績があり、4年前から「下関ふく」に次ぐ
第二の名物ブランドに育てようと下関市、水産関連業界、ホテル、旅館等々が積極的
にPRに努めております。
飲食業界、産地直送宅配商品、お土産品業界それぞれに商品化されて需要を盛り上
げようと知恵を絞っている今日です。
下関に水揚げされているアンコウは底引き網漁で小型サイズ(5k以下)が主力、以前
から鮮度の良いものは量販店向けの「アンコウ鍋パック」に、他はアン肝を取った後、
白身の揚物材料として業務用の給食、弁当材料、又、蒲鉾原料、身のみを「味醂漬け
生干し」等に加工されていました。
鮮度の良い10Kクラスは「アンコウ鍋」の本場、関東に今現在でもほとんど送られており
専門店で高級料理になっています。

本日伺う「鈴鹿」は下関で数少ない10Kクラスのアンコウを使い(吊し切りの技を持つ
ご主人です)アンコウの7つ道具と言われている、それぞれの部位を湯引き又、アンコウ
独自の料理方法を駆使して食べさせてくれます。
今日ご一緒のお二方は、大手小売店の食品ご担当の人で本物のアンコウ料理の
食体験が目的です。

この項「鈴鹿」:次回に続く

Blog Category

自宅で本場のふく料理を!活き...

ふくの水揚げ量日本一を誇る下関南風泊。その南風泊市場開設以前、昭和十年よりの永い歴史を育んできた「フグ仲卸平越」は、市場のフグ一尾、一尾厳選し全国の高級料亭やふくの専門店へ提供してきました。特に東京築地卸売市場では、天然トラフグ、また上質の養殖トラフグの磨き(除毒処理後の業界用語)でトップブランドの名門と評価されております。「ふく料理は、材料の善し悪しが勝負。最高の材料を最高の技で料理して、はじめてお客様に満足していただける」ごく当たり前のこと。ごく普通のことを守り通してきた「平越」ふく楽舎.­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0