ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

「ふく茶づけ」:誕生物語・・その3

2008年12月21日 (日) 13:32

前述の丸太置き場で天日乾燥したフクの身に、刻み海苔、アラレを加え
一食分の袋に(湿気を防ぐ為、外側は紙、内面はポリエチレンをラミネ-ト
加工)手詰め、電器コテ(アイロン)で一袋ずつ密封。

一食分の個装袋を木曽杉の木目を生かした楕円形と円錐型の和
をイメ-ジした容器に詰め、和紙に「下関名産.ふく茶づけ」の縦書き
文字ラベルを制作、容器に糊付け、
楕円型パッケ-ジ(一食袋、8ケ入り)売価180円・
円錐型パッケ-ジ(一食袋、12ケ入り)売価250円で発売♂。
「下関名産ふく茶づけ」誕生!!
鉄道弘済会、下関大丸に納入開始。

宣伝活動皆無でも人気は上々、日に日に売り上げアップ。
返品の塩干し再生では追いつかなく「ふく茶づけ」用のフク原料を
新たに仕入れ、手作業の製造は販路も広がり繁忙を極めることと
なります。
※注…木曽杉を加工した「曲げ物」容器は愛知県の専門メ-カ-
から購入。
(現在は伝統工芸品の分野で製造か?)

昭和30年までの下関みやげは「江戸金の亀の甲煎餅」・「やまみ、うに」
「小川うに」が横綱、続いて「広田の簀巻きかまぼこ」、「三幸の三幸餅」が
記憶にあるくらいで純粋な地場土産品は未だ少なかった。

フク(通称名ナゴヤフグ)加工品が「地域の名物、名産品」として大手流
通業で「ふくの塩干し」に続いて販売されたことにより同業、又関連業界
に火がついた如く同類商品(真似商品?)や新商品が昭和31年以降、
続々と発売、世に出てきました。

  以上、終わり  ジャンジャン

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0