ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

当時の市長もお祝いに!バ-テン日本一/カクテル『木口屋』

2009年01月30日 (金) 15:38

 「ふく爺」お勧めの店…カクテルバ-『木口屋』・下関市豊前田町
 宮崎ビル2階  昨夜若き女性とアベックで。
     バーテンダー 木口屋(本名)さん
木口屋

















バ-テンダ-の本物を今に伝える秘術が凄い、カクテルの腕前、技術が
良いのは当たり前!
顧客様をいかにカウンタ-の内から楽しませるかのテクニック♂♂‥
バ-テンたるもの最低限の遊ばせ方、第一にダイス(サイコロ遊び→ダイス
カップを使って熟練の技、数々)顧客にダイスカップを渡し真似るも先ず無
理出来ない。
その他、オリジナルな手品→目にもとまらない早業続出又、マッチ箱を
楽器代わりに、テンポの早い心地よいリズムを奏でる技術:等々。
連れの女性を最初から店を出るまで楽しませる。
…もち♂カクテルも彼女の好みにあわせて5杯!アルコ-ルに弱い彼女が
よくも飲んだり。驚き!
彼女は感動して今後一人ででもこの店に絶対来たいそうだ。

主人の木口屋誠一さん(73才)は昭和53年名古屋で開催された、
日本バ-テンダ-協会・全国コンク-ルで優勝。
出品作品はジン、キュラソ-、卵白等をシェイク、サクランボを沈ませた
       その名*「関門橋」

木口屋

















市内のホテルで祝賀会が開催され、時の市長(井川克巳)さんがお祝い
に駆けつけられたそうです。

「ふく爺」との出会いは、古い古い話ですが唐戸町に高級クラブ「モナミ」
がありましたが、その系列の店、バ-「モナミ」で木口屋さんが見習いバ-
テンだった(50年前)頃となります。
 
  この続き又の機会に→

 

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0