ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

カクテルバ-「木口屋」・・その2

2009年02月01日 (日) 15:42

「ふく爺」お勧めの店 … 一昨日の続きです。

  マジックでお客をもてなすマスターの木口屋さん
木口屋(3)




















木口屋(本名)マスタ-はスタンドバ-「モナミ」で修行後、赤間町本道り
のスナック「ミニヨン」のチ-フバ-テンを勤める。
「ミニヨン」は30代前半の美人女主人の店でした。大変に繁盛している店
で当時(35年位前)の常連さんは、その後会社社長、役員を勤められた方
が多く、現在も社長さんは現役の方もおられるようです。

さて
独立されて、現在の店で28年と聞きました。
どんな業界でも浮き沈みが或るものですが、酒場(バ-、スナック、ラウンジ、
パブ等)で飲まれる飲み物に革命的出来事、ウィスキ-の水割りが全盛を極
めた時代が出現。「木口屋」さんは、カクテルバ-を貫き、ウィスキ-は勿論、
ブランデ-の水割りも拒否。

約15年間(水割り文化全盛時代)厳しい客足の中、主義主張を曲げない
哲学、頑固さを「ふく爺」は尊敬。
その時代、ずいぶんと個人、接待で店に通い、マスタ-木口屋さんになり変
わり、一昨日記載の事柄、又上記のウンチクやマスタ-の人となりを語ったも
のです。

注※「水割り文化」は「ふく爺」の造語 … サントリ-さんの宣伝戦略の勝利!
◇又、ブランデ-の水割り(コマ-シヤルコピ-:水で割ったらアメリカン)
ブランデ-は香りを、めでながらチビチビ飲む飲み方→この飲み方を変え沢山飲
めば売り上げが伸びる方策をサントリ-社内で募集。
水割りを提案した女子社員さんに会社から賞金がでた。(当時サントリ-さん
開催のマ-ケッティング講習会で伺う)

Blog Category

活きとらふく料理 さしみ・ち...

お1­人様5­,5­0­0­円(税込)※写真は2­人前です◆さしみ◆下関伝統の二日間〆め◆ちり◆お食事当日の朝、水槽で泳いでいるトラフグの切り身付(普通はアラのみ使うお店が多い)・前菜(ふく皮の煮こごり、ふく皮と小ねぎのかまぼこ)・ふくさしみ(楽舎盛り)・ふくちり鍋・ふくぞうすい・香の物お問合せ・ご予約はこちらから

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0