ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

下関名物『ふく ス-プ』⇒レトルト商品誕生物語!

2009年02月09日 (月) 14:53
『わかめス-プ』・『小ふくの唐揚げ』・『ふく茶づけ』・=日本初登場
(新開発商品)物語を記載させて頂きましたが、
レトルトパック『ふくス-プ』も本邦初の開発商品でした。

   元・古川商店製造/ふくぞういスープ、
      他、カキ、鯛、カニ、スッポン、クッパ各ぞうすいスープ
ふくスープ



















現在では、この商品の開発により、牡蛎、鯛、カニ、他魚介類。シメジ等、
きのこ類のス-プ。鵜骨鶏、スッポン、韓国クッパス-プ等健康を意識
したレトルトパックのス-プが販売されている。

さて、
開発メ-カ-⇔(株)古川商店(ふく茶づけ開発で記載:昨年12月15日)

開発のヒント…山口県、旧徳山市に本社を置き当時全国に120数店舗
を展開するファミリ-レストランさんから、季節感を取り入れる新メニュ-
を開発中であり、10月から3月までの冬季メニュ-を、本社が山口県で
あることにこだわり、「ふく雑炊」を冬期メニュ-の核として大々的に展開
したいとの意向を受ける。

種々、研究検討の結果
中身の「ふくス-プ」はふくちり鍋と同じ材料を大鍋で<フグアラ、身、白
ネギ、白菜、椎茸、出昆布>を煮て、出汁(液体)のみ漉して取り出すと
云う原始的製造方法とりました。
※カツオだし系統使用せず、…フグの微妙な風味が損なわれる

120数店舗に品質を保ち在庫機能に対応できる「レトルト《2食分》パック」
仕様を考案。(株)古川商店:レトルト装置を保有していた

開発に約6ケ月、平成3年秋からファミレス冬の新メニュ-「下関の味」とし
て登場!!
初年度6万パック、次年度12万バック納入。

次年度、同一パックを下関名産として、1パック(2食分)=
小売価格・400円で山口、福岡のデバ-ト、駅売店、お土産品店等で販売。
発売当初は中身は水、主体なのに小売価格が高過ぎる(製造元社員自身も)
と解釈されて売れ行きは悪かった。

が、
大阪のデバ-トで試食販売(ふくス-プ商品を使った、ふくぞうすいの試食と
「ふくぞうすいイ-トイン」コ-ナ-)で実際にメニュ-として提供を数回行った
ところ爆発的人気を得て、その反響で地元でも、発売3年後位から良く売れる
ようになる。

…大阪人の「てっちり」好きは有名ですが、ふぐ雑炊を食べたい為に「てっちり」
屋に向かうと言われている。
⇒手軽に自宅でふく雑炊が召し上がれることがヒットの要因か?

その後、広島の牡蛎販売元と提携、広島名産「かき雑炊」の商品、委託生産
開始、

ス-プ・ギフト販売開始
<かに、鯛、牡蛎、きのこ、スッポン>のレトルト商品を製造するに至った。


Blog Category

高校生、孤軍奮闘!!

各地から、生徒さん達が孤軍奮闘慣れない手つきで大苦戦男子学生もチャレンジお家でもお手伝いしてるのなかなかの腕前お揃いのスタイル真剣な眼差し仕上げも韓国からは料理専門学校のプロの卵達が「ふく楽舎」で研鑽

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0