ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

ブログ「ふくふくな日々」発信開始七ケ月⇒アクセス数の傾向

2009年03月01日 (日) 18:22

昨年8月にホ-ムペ-ジリニュ-アルと同時に開始した「ふくふくな日々」サブタイトル「ふく爺記」
昨日2月末で160回更新しました。

/下関(故郷、山口県)に少しでも多くの人に関心、興味を持っていただければ/をコンセプト
として、つたない表現力と文章ながら継続しています。

160回の内、数ヶ月前記載したブログのアクセス数が今現在も引き続き多い記事を
下記にご紹介させて頂きます。

 「月、日」 はブログ記載日です(平成20年~21年)
☆8月  7日:うなぎの銘店「川淀」
☆8月 24日:坂東玉三郎丈「ふく楽舎」でふく料理をお召し上がり
☆10月 6日:クラブハリエ.バ-ムク-ヘンの凄さ!NO1.NO2.
☆10月29日:下関名物「とんちゃん鍋」全国に美味しさ発信♂ NO1.NO2.
☆11月13日:心の琴線にふれる・味処、寿司割烹「浪花」
☆11月27日:下関の旨い店「鈴鹿」
☆1 月14日:下関のおいしい店・天ぷら「気吹奇(いぶき)」
☆1 月30日:当時の市長さんもお祝いに・バ-テン日本一「カクテル.木口屋」
  以上のように飲食関連の情報が求められていることを理解させて頂く?。

その他アクセス数が多い記事…「ふく爺」手前味噌話
「小ふくの唐揚げ」誕生物語   -  20.9/7   記載
「わかめス-プ」誕生物語    -  20.9/10  〃
「ふく茶づけ」誕生物語      -  20.12/13  〃
下関名物「ふくス-プ」レトルト商品誕生物語 - 21.2/9記載


Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0