ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

関門関旅会 in ふく処『喜多川』

2009年03月20日 (金) 16:45

3月18日、恒例の関旅会に仕事の都合で2回欠席、今年初出席。
会長。西嶋好文上人の講話で始まり、新しい行事、新規ブランド創出、2年先の
鹿児島まで開通の新幹線客を下関へ取り込むには等、宴会の始まる前に関係者
による説明、発表、問題提起がされた。

新行事…
   春の連子鯛キャンペ-ン『平家女伝説 小平家物語』(ヘイケビトデンセツ コベケ
   モノガタリ)の開催
◇下関漁港産の(国産天然魚)レンコ鯛の積極的な食材利用 [新観光資源創成]
   <下関ふく・漁獲量日本一のアンコウに続く第3の下関名物が狙い>
◇『平家女』たちが小鯛に化身したとの伝説と、食の観光資源融合 「歴史文化遺産
の活用」

※宮島キャラバン隊
平家伝説の島〃宮島〃とのキャンペ-ンで連携強化を図るためJR専用列車
「ス-パ-サル-ンゆめじ」で宮島に向かい平家ゆかりの地で連小鯛のPRに
努める。
宮島では、地元観光協会・商工会との交流会を設定。
関門関旅会会員・関係者 約80名が参加。会員は連小鯛を染め抜いたハッピを
着て参加。
「ふく爺」は関門関旅会ハッピを纏い参加。⇒来る4月5日(日曜日)

新規ブランド…ふく刺身の薬味、小ネギの産地で知られている下関安岡地区の
女性生産者40数名のグル-プが通称「安岡ネギ」と呼ばれていた名前を
<下関生まれのかわいい小ねぎ《さやか姫》と銘々>新ブランドとして新たに訴求。
     さやか姫生産グル-プ・・JA豊関安岡支所~田崎育子さんが発表

JR西日本下関地域鉄道部長、下関駅長、東京第一ホテル下関社長、他ホテル
旅館幹部、日本旅行下関支店長、大和交通タクシ-社長、飲食業、酒類卸、鮮魚卸、
観光土産品店、豆腐製造店、カメラ店、等々50数名参加の異業種交流の会に
参加でした。

Blog Category

活きとらふく料理 フルコース

お1­人様7­,1­3­0­円(税込)◆さしみ◆下関伝統の二日間〆め◆ちり◆お食事当日の朝、水槽で泳いでいるトラフグの切り身付(普通はアラのみ使うお店が多い)◆唐揚げ◆大型サイズのトラフグですから、カマが太くて旨味があります・前菜(ふく皮の煮こごり、ふく皮と小ねぎのかまぼこ)・ふくさしみ(楽舎盛り)・とらふく唐揚げ・ふくちり鍋・ふくぞうすい・香の物お問合せ・ご予約はこちらから

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0