ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

三輪亮良.作「ふく群図」‥昨日の続き

2009年06月15日 (月) 16:04
三輪ステ-ジ

   ↑                                    
下関に居を構えて初とされる「ふくの絵」 ⇔ 『ふく楽舎』ホ-ル.ステ-ジのバックに展示
                              ↓
ステ-ジふく絵

三輪画伯の奥様が下関出身(注-1)の方で、60歳過ぎから下関に住まれるようになられた。
弊社、平尾光司会長(注-2)が下関にお住みになるのであれば、洋画家の先生であることを
知りながら、ぜひ「ふく」を描いて欲しいとお願いをしたことに始まる。

描き始めるまで約一ヶ月間、ふく仲卸、「平越」の天然トラフク生け簀にふくの生態見学に
通われたと聞く。

注-1~奥様について
  下関市立東部中学校教諭…「ふく爺」同校3年生時に初赴任(昭和28年)だったようです
   山口県立長府高教員…中学教諭は2年間

注-2~平尾光司について
  (株)平越。社長・(株)天白ひらこし、会長<平成18年3月逝去>
唐戸魚市仲卸組合組合長・下関観光コンベンション協会会長・下関ふく連盟会長・
下関赤間神宮崇敬会会長(平尾亡き後‥元安倍総理のご母堂安倍洋子さん)

「魚屋の社長にしては、各方面のお付き合い、特に文化人?との交流も広かった」
と語られていた人物

Blog Category

現在休講中です

※※義経コースは現在休講中です※※

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0