ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

「ふく爺」の涙…その6・三宅一生さん、原爆体験を初めて告白

2009年07月21日 (火) 16:53
世界で活躍する服飾デザイナ-三宅一生さん(71才)が米ニュ-ヨ-ク・
タイムズ紙に寄稿、自身の被爆体験を初めて告白した。

これまで多くを語ってこなかった自からの原爆体験に触れながら、オバマ
米大統領に広島を<8/6 原爆の日>に訪問するよう呼びかけもした。

7歳の時に広島で原爆の閃光を目撃、「今でも直後の黒い煙、逃げまどう
人々が思い出される」とつづる。
放射能にさらされた母親は、3年も経たないうちになくなる。

三宅さんはこれまで、被爆体験を語らずにきた 「原爆を経験した
デザイナ-」と言ったレッテルを張られるの嫌い「広島」について聞かれる
ことに抵抗があったという。

しかしオバマ大統領が「核兵器のない世界」核廃絶を訴えた4月のプラハ
の演説に「心の奥深くに埋もれさせていたものを、突き動かした」といい
「閃光を経験した一人として発言すべきである」と考えたという。
主旨~産経新聞より

この話題をラジオのある番組で、江川紹子さん(ジャ-ナリスト)が本当に
素晴らしい行動と言われ(実はもっと的確な表現をされた)
最後に、本来は日本の政治家が行動を起こさなければ、日本の政治家には
このセンスが欠けている的コメント。

三宅一生さんの心情を察する、江川紹子さんの問題を深く捕(とら)まえた
コメントに胸が熱くなる(感動!感動!涙)。

《8月6日広島原爆の日》記念日に
オバマ大統領参列が実現し、日本が世界へ向ける的確なアッピ-ルが
出せれば、日本の立場も良い方向に進むのではないか?

Blog Category

ふくギャラリー

ふくをテーマにした多彩なコレクション。ふくと海をテーマに、折にふれて収集してきた絵画などの美術コレクションを展示しています。また、珍しい種類のふくや貴重なふく料理の写真なども館内各所に展示しています。「ふく食文化」は下関の財産ともいえるもの。プロの技が冴える華麗な創作料理の姿を通して、その一端に触れていただければ幸いです。「ふく楽者」館内展示絵画『ふく群図』三輪亨良描下関市彦島在住:升本猛作:「メルヘンの詩」シリ-ズ日本画:小野具定描

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0