ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

1試合投げて、打たれると思うが、その課題を2年目につなげる

2009年12月10日 (木) 17:44
プロ西武入りした岩手・花巻東高校菊池雄星投手の入団会見抱負。

「まだ1軍で投げられるレベルではない」と何度も口にする。
一年目の目標を
「まず一試合投げて、打たれると思うが、その課題を二年目につなげること」
松坂につぐ実力と言われ超高校級左腕と、もてはやされている高校生18才
が言える言葉か、凄い!!

実に謙虚、本格的に自分自身を観つめる強い意志力か、秘めた自信の
裏打ちの言葉か。

本当にすがすがしい言葉に出逢った。






Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0