ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

年末恒例、『ブリ、フク、仙崎かまぼこ』社員全員に会社から支給

2009年12月31日 (木) 19:05
「とらふく料理セット、ふく刺しのみセット」120数件 1月1日元旦
お届け本日午前中出荷。
(午前中で終わる為、刺身を引く板前は昨夜11時出社‥12/27日
から板前の睡眠時間1日に3~4時間)

午前10時過ぎに出荷作業が終わり、職人さん達は、それぞれに
頂き物のブリ、フクをさばき、又刺身用に料理をして持ち帰り準備
に大わらわ。
一家族には分量が多いので、何家族かにお裾分け!!
「ふく爺」も午後4時から電話待ち待機を兼ね、ブリと大格闘、
3家族分に何とか仕上げました。

  <「ふく爺」分:ブリ1本、とらふくミガキ3尾、仙崎大留.焼き抜
    かまぼこ5本、
    今年は嬉しいことにトラフク白子約300gを頂きました。>
ブリ

今年も無事終了しそうです。
悪天候の関係で本日31日届け、ご指定の商品が午後7時現在届
かないとの情報が何件か入っています。
顧客様にご迷惑がかからないようと心痛するところです。

只今、PM8:00になりました。
「ふくふくな日々」サブタイトル「ふく爺記」 お読みいただきありがとう
ございました。

   ☆ よいお年をお迎え下さい ☆

Blog Category

自宅で本場のふく料理を!活き...

ふくの水揚げ量日本一を誇る下関南風泊。その南風泊市場開設以前、昭和十年よりの永い歴史を育んできた「フグ仲卸平越」は、市場のフグ一尾、一尾厳選し全国の高級料亭やふくの専門店へ提供してきました。特に東京築地卸売市場では、天然トラフグ、また上質の養殖トラフグの磨き(除毒処理後の業界用語)でトップブランドの名門と評価されております。「ふく料理は、材料の善し悪しが勝負。最高の材料を最高の技で料理して、はじめてお客様に満足していただける」ごく当たり前のこと。ごく普通のことを守り通してきた「平越」ふく楽舎.­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0