ふくふくな日々【下関ふぐ・フグ・河豚】blog page

ブル-ベリ-を8本、地植え。孫の要望で!

2010年01月13日 (水) 16:57

昨年から孫が何を思ったか「おじいちゃんブル-ベリ-を植えよう」と言い出す。
昨日、寒空のもとで庭の隅、空スペ-ス約4坪を耕し園芸店で買って来た苗木
8本を植える。

  <ブル-ベリ-に対する知識ゼロ…園芸店で2品種以上取り混ぜて
      植えないと実がつかないと聞く>
ベリ-2

 <販売していた苗木が2年物とのことで、既に花芽が少々付いて
   おり、  この夏に実がつくそうて゜、夏に食べられるかも?
   孫(5歳)に水やり等役目を与え、自然を体得?感受性が育てば♂>
ベリ-1

孫
           < 庭で獲った南天の実をもちポ-ズ>

Blog Category

山口新聞 2009年(平成2...

献上フグ調理法公開―下関ふく連盟あす6­宮家へ下関ふく連盟(松村久会長)は二十六日、下関市の南風泊市場で水揚げされた天然トラフグのセットを宮家に献上する。同市彦島西山町のフグ中卸業、平越商店(平尾泰範社長)で二十四日、調理方法を報道陣に公開した。包丁を握るのは、同商店でフグ調理歴十六年の内田祐介さん(3­4­)。萩市見島沖で捕れたトラフグ(約1­.­3­キロ)六匹を使って刺し身と鍋用の切り身、皮の湯引きを調理する。刺し身は、フグ本来の歯応えを堪能できる二枚引き。赤い唐草文様の美濃焼の皿(直径3­1­センチ).­.­.­

Blog Calendar

RSS 2.0 RSS2.0